京都矯正歯科審美歯科インプラントHOME > チーム医療と最新設備で安心のインプラントを

安心のインプラント治療とは

インプラントという言葉が普及し、治療を希望する患者様も増加したことで、今日では、「インプラント治療ってお気軽」と認識してしまいそうです。

しかし、インプラント治療はあくまで手術を必要とする治療です。安心・安全に手術を行う為には事前の審査・診断がとても重要です。

当医院では『ノーベルガイド(画像解析ソフト)』導入により、今までよりさらにあごの骨の正確な状態を把握することが可能になりました。


ノーベルガイドとは?

ノーベルガイドとはインプラント術前シュミレーションソフトです。

CT撮影のデータから作成した3D画像により、患者さまのお口の状態を立体的に、より正確に把握することができます。骨密度の測定や骨質・軟組織などの把握も容易になります。

また、コンピューター上で埋入シュミレーションを行うことができるので、安全性を高めたオペが実現できます。

また、患者様に対しても非常に分りやすく治療計画を説明することができます。

チーム医療の重要性

インプラント治療には、一般の歯科治療とは異なり、麻酔医、歯科衛生士、技工士との連携が必要となります。

当医院では、専門的な知識が豊富で技術力の高い歯科医・患者様の精神的負担を軽減する為の麻酔医・高い知識と経験によりドクターをサポートし、スムーズな手術を行うのに欠かせない衛生士・細かい技術を要し患者様にあった技工物を製作する技工士、それぞれのプロフェッショナルがチームを組み、患者様に最適な治療をご提案させて頂くとともに、安心してインプラント治療に臨んでいただけるように、サポートしていきます。


■他科の先生との連携
高血圧の方・糖尿病の方・心臓病の方など、患者様の体調やお口の状態によっては、内科医・口腔外科医とを進めていくことが必要不可欠です。

■麻酔医との連携
痛みを感じやすい・不安の大きな患者様には、局所麻酔だけではなく『静脈内鎮静法』を実施することにより、患者様の精神的負担を軽減させることが出来ます。 >> もっと詳しく

■衛生士との連携
器具の滅菌を行うだけでなく、手術中もドクターをサポートしたり、治療期間中の患者様のお口の状態を確認するなど、インプラント治療には欠かせないスタッフです。
当医院の衛生士は毎月勉強会を実施して、常に新しい技術を習得し治療に役立てています。

■技工士との連携
インプラント治療にとって見た目や噛み合わせなど患者様のお口の状態にあった被せ物を製作することは大変重要なことであり、高い技術力を要します。
当医院では専属の技工士が患者様一人一人に合った技工物を製作しています。


京都矯正歯科審美歯科HOME > チーム医療と最新設備で安心のインプラントを