インプラント治療と他の治療法との比較

従来の治療法
この形のブリッジでは、周りの歯を大きく削らなければなりません。 入れ歯を固定する為に、金属のバネを使用する例。違和感があり、清掃も難しく、見映えも良くありません。 総入れ歯の場合、入れ歯を固定する力が弱く、ぐらついたり、ずれたりします。そのため、食べ物を噛むために充分な力をかけることができません。
インプラントによる治療法
インプラントでは、両隣の歯はそのままで、負担もかかりません。 インプラントでは、失われた歯根部分の骨を支えにして人工の歯を固定します。噛む力は天然の歯と同じように骨に伝わります。 インプラントでは、義歯はあごの骨に固定され、力を入れて噛むことができます。食感も天然歯に近く、食べる楽しみを取り戻すことができます。

歯を失った際の治療法(インプラント・ブリッジ・入れ歯)にはそれぞれメリットデメリットがあります。

入れ歯 部分入れ歯 ブリッジ インプラント
人工の歯(入れ歯)を歯茎にかぶせます 人工の歯を固定する為に金属のバネで健康な歯に固定します 両隣の歯を削って人工の歯をかぶせます インプラントを埋め込み、その上に人工の歯冠を固定します
・手術不要 ・手術不要 ・手術不要 ・簡単な手術が必要です
(治療できない場合あり)
・取り外して洗浄
・不衛生になりやすい
・取り外して洗浄
・不衛生になりやすい
・天然歯と同じ手入れでより
・不衛生になりやすい
・天然歯と同じ手入れでより
・メンテナンスが必ず必要
・話しづらい
・慣れるのに時間がかかる
・味覚が感じにくくなる
・発音・発声の妨げになる
・違和感が強い
・外れやすい
・固定式なのであまり違和感がない ・天然の歯と同じ感覚で噛むことができる
・徐々に合わなくなる ・徐々に合わなくなる ・将来的に削った歯を失う可能性がある ・半永久的に使える
(適切なケアが必要)
・老けて見える ・金属のバネなどが見える
(保険適用範囲内の物)
・歯が変色する
(保険適用範囲内の物)
・天然歯と変わらない
・健康保険適用(安価)
・保険外のものもある(高価)
・健康保険適用(安価)
・保険外のものもある(高価)
・健康保険適用(安価)
(使用する材質によっては保険外治療のもの(高価なもの)もある)
・保険外治療(高価(※))

※失った歯が1本だけの場合は、インプラント治療の方が他の治療方法より安価になることもございます。詳しくは担当医におたずねください。


京都矯正歯科審美歯科HOME > 他の治療法との比較